002原付バイクの電気系トラブルアーカイブ:原付スクーター 改造からタイヤ交換の方法まで

自分でもできる 原付ホーン(クラクション)の交換方法

2008年3月 7日

皆さんは原付のホーンってどれくらい使いますだろうか?

私は正直なところ一ヶ月に一回使うか使わないかって感じだろうか.
いや,もっと少ないかもしれない.
よほど危ない運転をする車に遭遇したときとか,あとは知り合いなどを見かけたときくらいだろう.

ちなみにホーンが正常に鳴らないと,違反で切符を切られることもある.
なので,ホーンが鳴らない場合は一応鳴るようにして修理しておかないとダメなわけだ.

ホーンが鳴らない場合は,ホーンを交換してしまうのが一番てっ取り早いだ.

バッテリーが弱ってホーンの音が弱い場合は,バッテリーの充電あるいは交換が必要だ.
ホーン自体は,交換するときは純正品が一番いいと思うます.
なので,バイク屋で部品を注文するといいだろう.

ライトとかウインカーなどの交換よりは簡単だ.
なので,それらが普通にできる方なら説明は不要だろう.

でも,そうでない方のために説明をしてみる.
まずは,バイク屋で自分の原付の車種に合う純正ホーンを注文しよう.
部品が届き次第,スクーターの場合は,フロントカウルのボルト,ネジを外して,フロントカウルを外してほしい.
かなり目立ちますので,すぐにホーンがどれかはわかる.
ドライバーやスパナで簡単に外せるので,手早く交換してしまおう.

カウルを取り付ける前には,キーを回し,ホーンが正常に鳴るかを確認する.

無事鳴ったら,カウルを取り付け,修理完了だ.
こうしてみると結構簡単だよね.

原付のヘッドライトがつかない! バルブ切れの可能性が高い

2008年3月 1日

原付で走行中にヘッドライトがつかなくなってしまった経験がある方もいるかもしれない.
何故つかなくなったかというと,まずバルブ切れが一番考えられる.

特に,ロービームのみがつかないとか,ハイビームのみがつかないと場合は,100%バルブ切れだね.
ローかハイのどちらかがついていればいいような気もするけど,ロービームが切れてしまい,常にハイビームという状況だと対向車にも迷惑なので,速やかに修理交換してしまおう.

ウインカーの電球交換と同じで,スクーターの場合は,車種により,ヘッドライト単体では外せませんので,ハンドル部分のカバーごと外してしまう.

まず,原付の左右のミラーを外し,メーター側にあるネジを外しよう.
ネジを全て外したら,今度はカバーを外す.
カバーはツメで固定されており,外す際,少し固いかもしれない.

丁寧に外さないとツメが折れ,元に戻す際にちゃんとはまらなくなる場合がある.

カバーが外れると,あとは簡単だ.
ヘッドライトの裏側よりソケットを抜き,バルブ自体を取り出しよう.
フィラメントが切れていることを確認し,切れていれば迷わず交換だ.

バイクによっては電球のボルト数やワット数が違うので,まったく同じのものを買ってこう.

バイク屋よりも,バイク用品店の方が安価でかつ品揃えがいいと思う.
ヘッドライトの電球とは一般的な電球とは異なり,ひとつの電球内に二つのフィラメントがある.
なので,間違ってもトイレの電球や玄関で代用しないでほしいね.

新しいヘッドライト球を買ったら,ソケットに差し込んでみる.
このとき,カバーを組み立てず,一度キーを回してみて,ハイビームとロービームの両方ともがつくか確認する.

両方つくのを確認し次第,元通りに組み立て直して修理完了だ.
万が一,電球を交換したのにハイビームとロービームのどちらかがつかない場合は接触不良の可能性があるね.

原付のウインカーが壊れた カバーレンズはどうやって取り替える?

2008年2月26日

先日,私が乗っていたYAMAHAの原付・JOGのウインカーが破損してしまった.
ウインカーがしっかり機能していないと原付走行時大変危険だ.
なので早速,修理を行ってみた.
そして,その手順を簡単にだけど書いてみた.
もし同じような破損を起こしてしまったという方は参考にしてみてほしいね.

今回破損したのは,ウインカーのカバーレンズだ.
カバーレンズの下のほうが欠けてしまったわけだ.
カバーレンズなのでウインカー自体は機能しているし,特に問題はないかもしれないが,見た目的によろしくないので修理をしてみることにした次第だ.
バイク屋さんなどに持っていってカバーレンズそのものを取り替えたとしても,2000円程度だとは思うけど,今回は充填接着剤を使用して自分で成型する.

さて,カバーレンズの破損修理に取り掛かっていこう.
まず,本体に取り付いているビスを外す.
そして,カバーの掛けた箇所を充填接着剤を用いて成型していこう.

おおまかに成型した後,とりあえずは本体に取り付けてほしい.

取付完了後は接着剤が硬化した時点でさらに塗りつけ,形を整えます.

さて,硬化したので更に塗りつけていく.
水性塗料を塗っていく.

こんなものでとりあえず塗装が終わり,修理は完了だ.
でき栄えはまずまずといえると思う.
接着剤で補修した箇所は光の透過がないだが,面積は小さいので良しとしよう.

原付のウインカーが切れた! ヒューズの交換方法は?

2008年2月23日

原付のウインカーがまったく点灯しなくなってしまった場合,これはヒューズが切れている可能性が高い.
ウインカーが正常に機能しないまま原付で走行すると大変危険だからね.
そのような場合は,速やかに修理を行い,それから乗るようにしてほしい.

では,ヒューズの交換をしていく.
原付の場合だと,バッテリーの近くにヒューズボックスというものがある.

黒くて四角い形状のもので,それをあけると中に何個かのヒューズがある.
これはそれぞれ,ヘッドライト,ウィンカー,セルスイッチ,テールランプなど,各部の電流を制御しているのだ.

どれがウインカーのヒューズなのかがわからない場合もあるかもしれないので,一個ずつとってみて,切れていないかを確認してみよう.
切れていないようなら元に戻する.
この際に注意してもらいたいのは,各部のヒューズは各々アンペアが違う.
なので,ヒューズを決まった場所に戻さないといけない.
何故かと言うと,いざというときにヒューズが切れずにライトがショートしたり,逆に,すぐヒューズが切れてしまう原因になってしまうからだね.

切れているヒューズを発見したら,同じアンペアのヒューズを購入してきて交換してあげてほしい.
ちなみにホームセンターなどで,5個入りのものが300円くらいで売っているよ.

さて,ヒューズの交換修理が完了したら,ウインカーのスイッチを入れてみよう.
問題なくチカッチカッと点灯すればOKだ.

自分でできる 原付のバッテリー交換方法

2008年2月22日

原付のバッテリーがすぐに弱ってしまったり,セルの回りが弱いと感じた場合,バッテリー交換を行うのがいいろう.
私も先日,バッテリーの交換修理を行ってみた.
その様子を書いてみることにするね.

私が使用している原付スクーターはNONDAのDIOで,2stエンジンで49ccだ.
新たなバッテリーはヤフーオークションにて格安で入手したバッテリー(GT-4LBS)を使用する.

では,バッテリー交換修理について順を追ってみていくことにしよう.
まず,メットインをオープンし,バッテリー格納庫を開くとバッテリーとご対面できる.
これと同時進行で新たなバッテリーに,電解液を注射することに.
これを入れると,充電済みバッテリーが完成する.

さて,古いバッテリーを外すが,マイナスアースなのでマイナス端子から外しよう.
プラスから外すと,ショートする危険性がありので要注意だね.
古いバッテリーは結構汚れていたね.

あとは,逆の手順で新たなバッテリーを収納しよう.
この際取り付けるときはプラス端子から行うように注意が必要だね.
これで修理は完了となる.

交換後は,30分くらい走行しておけばバッテリーもだいぶ充電されると思う.
このバッテリー交換修理によってセルが快適に回るようになったね.
交換すると結構違うので,皆さんも少しでも冒頭のような症状があるなあと思ったらバッテリーを交換してみてはいかがだろうか.