原付のウインカーが壊れた カバーレンズはどうやって取り替える?:原付スクーター 改造からタイヤ交換の方法まで

原付のウインカーが壊れた カバーレンズはどうやって取り替える?

先日,私が乗っていたYAMAHAの原付・JOGのウインカーが破損してしまった.
ウインカーがしっかり機能していないと原付走行時大変危険だ.
なので早速,修理を行ってみた.
そして,その手順を簡単にだけど書いてみた.
もし同じような破損を起こしてしまったという方は参考にしてみてほしいね.

今回破損したのは,ウインカーのカバーレンズだ.
カバーレンズの下のほうが欠けてしまったわけだ.
カバーレンズなのでウインカー自体は機能しているし,特に問題はないかもしれないが,見た目的によろしくないので修理をしてみることにした次第だ.
バイク屋さんなどに持っていってカバーレンズそのものを取り替えたとしても,2000円程度だとは思うけど,今回は充填接着剤を使用して自分で成型する.

さて,カバーレンズの破損修理に取り掛かっていこう.
まず,本体に取り付いているビスを外す.
そして,カバーの掛けた箇所を充填接着剤を用いて成型していこう.

おおまかに成型した後,とりあえずは本体に取り付けてほしい.

取付完了後は接着剤が硬化した時点でさらに塗りつけ,形を整えます.

さて,硬化したので更に塗りつけていく.
水性塗料を塗っていく.

こんなものでとりあえず塗装が終わり,修理は完了だ.
でき栄えはまずまずといえると思う.
接着剤で補修した箇所は光の透過がないだが,面積は小さいので良しとしよう.

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/62