自分でもできる 原付ホーン(クラクション)の交換方法:原付スクーター 改造からタイヤ交換の方法まで

自分でもできる 原付ホーン(クラクション)の交換方法

皆さんは原付のホーンってどれくらい使いますだろうか?

私は正直なところ一ヶ月に一回使うか使わないかって感じだろうか.
いや,もっと少ないかもしれない.
よほど危ない運転をする車に遭遇したときとか,あとは知り合いなどを見かけたときくらいだろう.

ちなみにホーンが正常に鳴らないと,違反で切符を切られることもある.
なので,ホーンが鳴らない場合は一応鳴るようにして修理しておかないとダメなわけだ.

ホーンが鳴らない場合は,ホーンを交換してしまうのが一番てっ取り早いだ.

バッテリーが弱ってホーンの音が弱い場合は,バッテリーの充電あるいは交換が必要だ.
ホーン自体は,交換するときは純正品が一番いいと思うます.
なので,バイク屋で部品を注文するといいだろう.

ライトとかウインカーなどの交換よりは簡単だ.
なので,それらが普通にできる方なら説明は不要だろう.

でも,そうでない方のために説明をしてみる.
まずは,バイク屋で自分の原付の車種に合う純正ホーンを注文しよう.
部品が届き次第,スクーターの場合は,フロントカウルのボルト,ネジを外して,フロントカウルを外してほしい.
かなり目立ちますので,すぐにホーンがどれかはわかる.
ドライバーやスパナで簡単に外せるので,手早く交換してしまおう.

カウルを取り付ける前には,キーを回し,ホーンが正常に鳴るかを確認する.

無事鳴ったら,カウルを取り付け,修理完了だ.
こうしてみると結構簡単だよね.

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/77