原付のキックペダルが戻ってこないぞ! 無理矢理動かすコツとは?:原付スクーター 改造からタイヤ交換の方法まで

原付のキックペダルが戻ってこないぞ! 無理矢理動かすコツとは?

原付のキックペダルをキックした際,キックペダルが戻ってこない,または,キックペダルを踏むときに硬く(重い)て,離すと戻るのが遅い・・・という経験はないだろうか?
そのようなことが起こった場合,原付の車体のどの部分をどのように修理したらいいのだろう?

そのような場合の修理法だが,例としてJOGのケースだと,まず,クランクケースカバーを外す.
そして,キックギアの一部分がドーナツ状の円形になっているパーツを引き抜いてみてほしい.
その際はキックをおろしながら引き抜くと結構簡単だ.
JOGを例に出したが,DIOや他のメーカーの車種でも同様のようなものなので試してみてほしい.

パーツを引く抜くと,今度は金具を外側の方向に広げてほしい.
これは中の金具が軽く回るようにするためだね.

最後だが,金具と押さえの隙間にグリスを塗ろう.
冒頭のような症状が起こってしまうのがグリス切れの可能性が高いだからね.
グリスが家にない!という方はホームセンターなどで安価で手に入るので,購入してほしい.
この場合,CRCなどの潤滑剤だと,すぐ乾いてしまうのでこれは使用しないようにしてほしい.

取り付けはキックペダルをある程度おろした状態にして,それからギアを取り付けるのが好ましいだね.
取り付ける前に手を使ってキックペダルを動かしてみてほしい.
それでスムーズに動くようであるならば完成だね.
結構簡単だね.

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/89