駆動系トラブルによる原付のエンジントラブル:原付スクーター 改造からタイヤ交換の方法まで

駆動系トラブルによる原付のエンジントラブル

原付で走行中にエンジンが止まってしまうトラブルに遭遇すると,本当に困るよね.
燃料系トラブル,吸気系トラブル,電送系トラブル,駆動系トラブル・・・など大まかにいうとこんなところだろうか.
では,この中から原付の駆動系トラブルについて,原因やそれに伴う修理箇所について触れてみたいと思う.

まず,ベルトが切れ,クランクケースの内部がグチャグチャになっていると,ベルトの磨耗は最高速が伸びない.
切れる瞬間は,エンジン音が空回りするといった感じだ.
切れれば,ギヤ付きニュートラルみたいな状態になる.
停止時は,ひどい時などキックすら下りないようだ.

この場合の修理だが,故障箇所がベルト切れなのでキドライブベルトを交換してほしい.
場合によっては,クラッチ側の交換も必要かもしれない.

2つ目に,クランクシャフトベアリングが正常に動かないと,エンジンを始動すると,シャーシャーうるさいといった現象がおきます.
また,エンジンを止めるときに,急に止まる.
そして停止時は,突然.
停止後は,キックすら下りないという状態に陥る.
このケースでは,クランクシャフトを回す役割のベアリングが錆ついているか,もしくはボールが破損していることが考えられる.
なので,クランクベアリングの交換と,それを取り巻いているオイルシールの交換といった処置を行おう.
場合によっては,クランクシャフトの交換も必要だね.

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/66