ホンダの原付のエンジントラブルの原因と修理の方法:原付スクーター 改造からタイヤ交換の方法まで

ホンダの原付のエンジントラブルの原因と修理の方法

原付で走行中にエンジンが止まる現象だが,その車種によって原因が起こるところが頻繁に違うようだ.
では,メーカー別に原因や故障箇所,修理箇所などを例をあげてみてみようと思うが,今回はホンダのものについて書いてみる.

ホンダの代表的な原付といえばDIOだが,DIOのトラブル発生原因順位は1位が燃料ポンプの故障,2位がCDIの故障,そして3位がマフラー詰まりとなっている.

燃料ポンプの故障についてだが,タンクに貯まっているゴミが燃料ポンプに詰まり,ガソリンを正常にキャブに送らなくなっていたり,あるいは燃料ポンプそのものが壊れるケースもある.
また,走行中にエンジンが停止することも多いね.

CDIの故障は純正品であっても,故障までは行かないにしても接触不良を多く見かけます.
少しのことで接触が甘くなってしまい,プラグに火花を飛ばせてくれません.
年式やグレードの違いなどで,何種類かのCDIを使っており,また,ユニットの位置も多少違うので注意が必要だ.
キャリヤの下側にあるタイプなどは,壊れている可能性が大だ.

マフラー詰まりに関しては,性能が良すぎなのかもしれないが,DIO系のマフラーはよく詰まるんだよね.
詰まったくらいで,エンジン止まるか!と思っている方は,考え方を変えてみよう.
最終的な出口が詰まっていれば,エンジンには一番良くない原因だ.
症状的には初心者は気づきにくい傾向があり,むしろエンジンが壊れたのではという印象を受けがちな症状になるね.

以上が上位3つの説明だが,これらのトラブルが発生したらしっかり修理や交換を行おう.

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/65