原付のチューブ入りタイヤがパンク! その際の修理法は:原付スクーター 改造からタイヤ交換の方法まで

原付のチューブ入りタイヤがパンク! その際の修理法は

チューブが入っている原付タイヤのパンク修理について解説してみる.
チューブ入りの原付車種は,今では随分少なくなったね.
ホイールが錆びていたり,歪んでいたりする場合,チューブレスホイールであってもチューブを入れるケースもある.

チューブの場合は,基本的にはホイールを取ることだ.
まず,空気注入口のネジ部分が見えるだろうか?
サスの部分で止まった状態の,ボルトを外しよう.
トルクがかかっているので,レンチを使った方が簡単だね.

ボルトが取れましたら,今度はシャフトを抜こう.
硬い場合は,プラスチックハンマーを使うのがいいね.

それから,タイヤの空気を抜いて,ビートを落とし,片方だけホイールから外す.
次に空気注入口のネジを取って,チューブを取る準備をし,チューブを引っ張り出し,完全に取り出してほしい.

そして,チューブに空気を入れ,穴を探する.
コンプレッサーを用いてスマートにやっていきたい作業だね.

穴を確認次第,穴の付近をしっかりペーパーをかけ,油分や汚れを落とする.
次にのりをしっかり塗り,乾かしてほしい.
乾かしているは,刺さっているものを探し,あれば抜いておいてほしいね.

さて,およそ10分ぐらい乾かすと,今度は補修パッチを張る.
ゴシゴシしごき,しっかりなじませるようにしてほしい.

そして,透明フィルムを剥がして,再度空気を入れ,確かめる.
最後にタイヤに空気を入れ,外したように組み付けて,パンク修理完成だ.

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/70